涙の治療日誌/悶絶の歯根膜炎

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。発症から全快までの壮絶な2カ月間の記録です。歯根膜炎に悩むすべての方に捧げます。どうぞお大事に!

悶絶の歯根膜炎:もくじ

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。発症から全快までの壮絶な2カ月間の記録です。歯根膜炎に悩むすべての方に捧げます。どうぞお大事に!

はじめに

ある夏、突然、私を襲った「歯根膜炎」。発症から全快までの壮絶な2カ月間の記録です。私の歯根膜炎の原因は「ヒビ」でした。しかし、「ヒビ」が見つからなかったために、「骨髄炎」に近いところまでこじれたのでした。

歯根膜炎とは?

「歯根膜炎」とは? その症状(歯が浮いた感じ他)、原因、私を含むこじれた人々の実態を記します。

【1日目】飛行機の中で奥歯に違和感

突然、飛行機の中で歯痛が。歯根膜炎の発症から全快までの壮絶な2カ月間の記録です。

【3日目】初診

飛行機の中の歯痛は、単なる「知覚過敏」だったのか? 歯の周囲にコーティング剤(MSコート)を施されひと安心したものの、その後激しい歯痛が。

【8日目】激痛前夜

歯痛の原因を「知覚過敏」と診断され治療。気を許して深酒をした翌朝、激痛が襲いました。酒と歯痛の関係は?

【9日目】電光石火の激痛

バシーン!と、顎を下から金属で殴りつけられたような、あるいは、閃光が走るような重く鋭い痛みが走り抜けたーーそれは歯根膜炎のサインだった。この日から始まった地獄の「ロキソニン」(痛み止め)生活。

【10日目】抜髄(神経を抜く)

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。今回のキーワードは「歯髄」「抜髄」。抜髄とは、「歯髄(歯の神経)を抜く」ということです。

【19日目】根管治療

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。今回のキーワードは「抜髄」(歯の神経を抜くこと)、「残髄」(神経や歯質の残存物)。つまりは、根の病気を治療、予防する「根管治療」についてリポート。

【20日目】どんでん返しの激痛

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。歯根の治療=「根管治療」を施されたものの、激痛が襲いました。「残髄」(神経や歯質の残存物)、「側枝」「ロキソニン」「ラバーダム」について書いてあります。

【23日目】止まぬ激痛に、穴を半開き

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。「根管治療」もむなしく、ついに「歯根膜炎」と診断された瞬間をリポート。キーワードは「電気診」「抜髄」「気圧変化」「関連痛」「歯が浮いた感じ」「ケフラール」「ロキソニン」。

【31日目】遂に、穴を全開

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。何度「根管治療」(歯の根を治療すること)してもおさまらない激痛に、医師が施した「究極の裏技」とは?

【35日目】原因発見と抜歯

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。「根管治療」(歯の根の治療)の甲斐もなく次々と襲う激痛。3人目の医師がようやく発見した原因は「ヒビ」でした。そして、治療法は「抜歯」。「骨髄炎」一歩手前のギリギリの攻防をリポートします。

【42日目】抜歯後1週間

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。原因は「歯のヒビ」でした。盲点ともいえる原因です。今回のリポートのキーワードは他に、「抜歯」「歯が浮いた感じ」「クラリス」「ロキソニン」「歯痛と飛行機」。

【46日目】抜歯後10日

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。骨髄炎の一歩手前という最悪の状況を救ったのは、名医が発見した「歯のヒビ」でした。今回のリポートのキーワードは他に、「歯ぎしり」「クラリス」「即席マウスピース」。

【49日目】飛行機に乗れるまでに回復

骨髄炎の一歩手前までこじれた私の歯根膜炎。原因である「歯のヒビ」をようやく発見。抜歯数日後、飛行機に乗れるまでに回復しました。今回のリポートのキーワードは他に、「気圧変化による歯痛」「ロキソニン」「歯の炎症による微熱」。

【55日目】さらばロキソニン(痛み止め)!

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。苦節55日、ようやく回復です!

【62日目】戦い終わって、夏が来た

ある夏、突然、私を襲った歯根膜炎。壮絶な2カ月を経てようやく完治に近づきました。今回のリポートは、歯痛時に食べやすい食品について。

【余談】〈親しらず抜歯〉の怖い話

闘病記「悶絶の歯根膜炎」の付録。複雑な「親知らず」の抜歯に関するリポートです。

【後日談】ウッソー!

長く苦しい「歯根膜炎」との戦いから立ち直ったのもつかの間、著者は次なる関門にぶち当たりました。それは「歯ぎしり」と「歯のヒビ」にまつわる愕然とする診断でした。